スロットガールズ with PanzerG

精神保健研究所 精神疾患病態研究部。私たちは「脳とこころの科学」の先駆的研究活動を展開しています。

精神疾患データベース

精神疾患データベース
精神疾患データベースの構築・利活用により精神疾患の病態を解明しその障害を支援するための研究

 精神疾患は、特徴的な精神症状や行動の障害が認められ、社会機能の障害を生じる脳の病気です。この病気の生物学的な病態についてはまだよく分かっていないことが多く、精神疾患の病態を解明し、その診断法・治療法を開発することが求められています。精神疾患の病態を解明し、その診断法・治療法を開発するためには、多くの精神疾患患者及び健常者の生体試料や検査データを収集し、それを用いて多くの研究者が研究を活発に行うことが必要とされます。本研究事業「精神疾患データベースの構築・利活用により精神疾患の病態を解明しその障害を支援するための研究」(略称:精神疾患データベース:精神DB)においては、全国の研究者が収集している生体試料や検査データを集約し、広く研究者に利活用できる仕組みを構築することを目的としています。このような大規模な生体試料と検査データが、多くの研究者に利活用されることにより、精神疾患の病態を解明し、その診断法・治療法を開発し、普及することに資することができるという意義があります。本研究事業概要図はこちら

本研究事業では、人口統計学的な情報、精神症状などの臨床評価、認知社会機能データ、神経生理機能データ、脳画像データ、血液などの生体試料を収集します。収集した試料・情報を適切に品質管理し利活用しやすい形に加工・情報化を行い広く国内外の研究に利活用できるような仕組みを構築します。本研究事業に賛同してご協力いただける方を広く募集しております。共同研究機関リストはこちら


  1. 本研究事業の被験者として試料・情報の提供をいただける方
  2. 試料・情報の提供にご協力いただける研究者
  3. 試料・情報を利活用しやすいような加工・情報化に協力いただける研究者
  4. 本研究事業の試料・情報の提供を受け利活用して、精神疾患の病態解明、診断法・治療法の開発・普及に資する研究を行う研究者
  5. 本研究事業にご賛同いただきサポーターとして登録いただける方

本研究事業は、2023年4月7日に国立精神・神経医療研究センター倫理委員会にて承認されました。今後、研究を推進し、その進捗について随時本ホームページにて公開していく予定です。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

精神疾患データベース研究代表者
橋本亮太

PAGETOP
Copyright © 2023 Department of Pathology of Mental Diseases All Rights Reserved.