スロットガールズ with PanzerG

精神保健研究所 精神疾患病態研究部。私たちは「脳とこころの科学」の先駆的研究活動を展開しています。

事務スタッフ

事務スタッフ

当研究室で活躍する事務スタッフの声を紹介します。

民間企業での事務職経験を生かし、国立高度専門医療研究センターの1つであり精神医学分野の最先端研究を行っているNCNPの研究部門で働いてみたいという興味から志望し現在に至ります。当研究部は、部を統率し研究をまとめあげる部長を中心として、研究者、医師、研究員、研究生、臨床心理士、薬剤師、研究補助スタッフ、事務スタッフで構成されており、それぞれの持ち場において日々、志高く、研究部一丸となって精神科医療に貢献すべく研究活動を行っています。そのなかで私は事務スタッフの一員として、研究活動を行うにあたり必要となる様々な事務手続きを担当しています。科研費に代表される公的研究費の受入れ事務や報告書作成、物品や書籍などの購入や学会出席出張時の旅費精算など、日々の活動のための手続きをはじめとし、円滑な研究部運営のための幅広い事務的サポートが主な仕事です。これまでの職場では出会うことがなかった職種の専門家のなかに身をおいて行う業務は、同職種の人々の中にいては見えにくかった物事の側面が垣間見えたり、困難や問題に面した際のトラブルシューティングにおいてなど、あらたな気づきが多く新鮮な気持ちで取り組むことができていると感じます。これからも微力ではありますが、自身が担う事務という職域において精一杯努力し、研究部を通じて日本の精神科医療の発展に寄与できるよう、丁寧にかつ効率よく職務を果たしていきたいと思える職場です。  

事務スタッフAさん
十数年、当センターで事務として勤務しております。橋本部長着任当初は業務内容のレベルの高さなどにとても戸惑いがありましたが、多くのご指導を頂きながらこれまで勤務させていただいております。様々な業種の方々、学生アルバイトの方など、たくさんの素敵な出会いもあり、いつも新鮮な刺激を受けることができ、精神病態セミナーにお越しいただく著名な先生方のご講演を拝聴させていただくような貴重な経験もさせていただいております。事務スタッフではありますが、橋本部長をはじめ室長の先生方からも、業務への取り組み方、連携の大切さなど、視野を広げていただくようなご指導を頂き、人としても成長できる職場です。さらに、事務の立場から研究業務に貢献することで社会にも貢献させていただいているように感じられるため、向上心を持ちつづけながら働くことができる研究部です。  

事務スタッフBさん
仕事内容

国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神疾患病態研究部における事務補助、秘書業務、研究補助業務などを担っていただきます。具体的には、ワード、エクセル、パワーポイント等を使用した書類作成、研究データ入力、予算管理などを行っていただきます。また、調査・研究プロジェクトの事務局として、研究データ管理、分析等の補助業務や研究に関する連絡業務などを行っていただきます。未経験の方も丁寧に指導いたします。

応募資格
  • (1)専門学校卒以上の方(未経験可)
  • (2)一般的なPC操作スキル(ワード、エクセル、メール、インターネット)を持つ方
  • (3)社会人としての常識を有し、責任感を持ち協調性を保つことができる方
待遇等

ご経験、勤務年数、能力によって変わります。、をご参照ください。

橋本亮太 ryotahashimoto55△ncnp.otelminay.com(△を@に変えて下さい)

PAGETOP
Copyright © 2023 Department of Pathology of Mental Diseases All Rights Reserved.